良い医師を選ぶ

矯正治療の取り組み方への変化

白い歯

矯正歯科治療では、抜歯のリスクを減らそうとする方針を持った歯科医院や医師が多くなってきたように感じます。矯正治療において抜歯は必要不可欠だと言われてきました。これは、日本人が欧米人などと比べると顎が小さく、抜歯のリスクが高かったことも理由として挙げられます。 歯列を整えるためには顎に全ての歯がおさまることが絶対条件であり、そのためのスペースを確保するために抜歯が行われていました。結果、健康な歯であろうが抜く必要があるため、これが身体的に悪影響があると唱える医師が出始めたのです。 もちろん、抜歯をしないことによるリスクも存在し、無理に全ての歯をおさめようとすると歯列が崩れてしまうこともあります。現在も抜歯の有無に関しては賛否両論となっていますが、矯正学の発展により少しずつ治療法も見直されているように感じます。

歯科医院と医師選びの重要性

矯正歯科治療を受ける場合、当然ながら矯正治療を行っている歯科医院を探す必要があります。現在では一般歯科と標榜している医院でも矯正歯科治療を受け付けているところが多く、無理に遠出をしなくても治療を受けられるようにもなりました。 しかし、これによる弊害として矯正歯科治療の質が下がってしまったことが挙げられます。矯正治療は歯科治療の中でも専門性の高い分野であり、担当される医師の腕が治療内容に直結してきます。全ての医師があらゆる分野に精通していることは当然ながら考えられないので、歯科医院や医師選びには十分に力を入れる必要があると思います。 このようなことから、安直な理由だけで歯科医院を選ぶのではなく、治療の質を少しでも上げられるように努めることが大切なのです。